清水ピアノ教室のブログ

新潟県長岡市のピアノ教室のブログです。~音楽、ピアノレッスンについて、日々の暮らしのなかで感じたことなど~

春の気配

ブログにご訪問いただきありがとうございます。

暦の上では春を迎え、年度末~新年度への準備に動きだす時期となりました。

今年度はコロナに翻弄された年となりましたが、前向きな気持ちを持ちながら、その時できることを進めていくことの大切さを改めて感じてきました。

少しずつ日が長くなり、本格的な明るい春の到来ももう間近ですね!

 

さて、皆様の"弾きたい曲"が"弾ける曲"になるように、また、ピアノを通して音楽を末長く楽しんでいただけたらという思いでレッスンさせていただいていますが、そのためには、基礎力が必要になります。

基礎力の定着には、ある程度の時間がかかりますので、焦らずに長い目で見ていくことが大切です。

お子様に関しては、ご家族のご協力や励ましが大きな力となります。

練習の習慣づけや、ピアノに触れ親しんでもらう大切な時期です

練習できたこと、頑張ったことについて大いに励まし、見守りをお願いいたします!

そのためにも、主に小学生までの生徒さんには、レッスンノートを使っていただいています。

講師との連絡帳として、また生徒さん自身の練習記録として記入してもらったり、お家の方がレッスン日記のように記録される方もあって、レッスンに活かすことができています。

ありがとうございます!

限られた貴重なレッスン時間をより有意義なものにしていきたいと思っています。

 

中学生以上の生徒さんの場合は、おひとりおひとりの状況に応じてのレッスンとなります。

現在、それぞれのご希望に合わせた選曲とレッスンプログラムでレッスンを進めさせていただいています。

ピアノや音楽が心の支えとなったり、自ら演奏することで自己表現ができるようになり、それは、自己肯定にも繋がっていくと思います。

音楽の素晴らしさは、その多様性と奥深さにあるといえます。

 

皆様とともにピアノや音楽の魅力に触れていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メンデルスゾーンの曲の美しさ

ブログにご訪問いただきありがとうございます。

今日は久しぶりにすっきり晴れの気持ちのよい1日でした😊

春の到来が待ち遠しいです!

 

春に因んだピアノ曲といえば、メンデルスゾーンの無言歌集より"春の歌"が有名ですね。

この曲は耳に心地よく、弾くのは難しい曲のひとつだと思いますが、現在、"甘い思い出"をレッスンさせていただいていることもあって、無言歌集を何曲かあたってみました。

 

まず、何と美しい!!!

メンデルスゾーンが生涯に渡って作曲した心の備忘録的な曲集に思えます。

「無言歌」は、お姉さんのファニー・メンデルスゾーンの考案ということですが、何といっても音楽の基本(お手本)は"歌"ですから、ピアノで歌うこと、"カンタービレ"の極致ですね♪

 

深く考えず音だけなぞっても、充分美しいので、"二重唱"とか、"浮き雲"、"紡ぎ歌"、"詩人のハープ"など、初めて教材として出会ったときから心地よく大好きな曲集でしたが、当時はその美しさの奥にある寂しさや、悲哀、やるせなさにまでは到達していなかったと思います。

 

メンデルスゾーンピアノ曲は、派手過ぎず繊細。

飛びきりの美しい音で弾きたい!

音色そのものが美しくないとその魅力が生きないと改めて感じました。

 

私がメンデルスゾーンの音楽の魅力に気づいたのは、実はピアノ曲ではなく、シンフォニーでした。

まず、"イタリア(イ長調)"のパッションに勇気づけられ、その後、対局にあるような"スコットランド(イ短調)"には、特にはまりました。

そこから、ピアノ曲"幻想曲(スコットランドソナタ)"に入り、前奏曲とフーガ、変奏曲などに広がっていきました。

 

また、メンデルスゾーンは、バッハの死後100年間一度も演奏されることのなかった"マタイ受難曲"を再演し、復活させた( 20歳の時)ことの功績が高く評価されています。

私がマタイ受難曲に出会ったときの衝撃は、現在も忘れられませんが、その後、メンデルスゾーンとの関わりを知ったときの衝撃も記憶に残っています

 

ピアノ曲だけでなく、様々なスタイルの曲を聴くことによって、インスピレーションが湧き、ピアノから多彩な音色を引き出したり、作曲家の意図や作風を、より直感的に掴んだりすることが出来るようになることはよくあります。

幅広く音楽を楽しむことが、素敵な演奏に繋がっていくのだと思います。

 

無言歌集は、題名が付けられた作品は48曲中5曲しかありませんが、ほとんどの曲が愛称で呼ばれることが多く、定着化しています。

クラシックではよくあることですが、それだけこれまでに多くの人に親しまれてきたということですね。

レッスンでは"甘い思い出"を、より甘く、懐かしく、切なく、柔らかく、カンタービレを目指して楽しんでいただけるようにと思っています。

私も楽しませていただきたいと思います。

 

さて、明日ももう1日、晴れるようです。

雪国の☀️晴れは飛びきり貴重です!

 

明日の計画をたてなければ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

心が歓ぶ時間を!

ブログにご訪問いただきましてありがとうございます。

新年の初レッスンが始まって丸一週間。

皆様と元気に再会することができました!

今年はコロナによる自粛期間ということもあって、例年以上にお家で過ごす時間が長いお休みとなったことと思います。

お休み中にテキストや、ワークブックをほとんど一冊終わらせてきた生徒さんや、自主課題に取り組んでこられた方もいらっしゃいました‼️

"やってみたい"と思うとき、楽しみながら取り組んでいるときの吸収力、エネルギーに勝るものはありません。

また、大人の生徒さんのなかには、お休みの間に"弾きたい曲"を選曲してこられた方もありました。

それぞれに、弾きたい、進みたい、知りたい、深めたいなど、心が歓ぶ楽しい練習をしていけたらいいですね!

 

また、レッスン枠を調整し、無料体験レッスンを再開しました。詳細はホームページをご覧ください。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

寒い日が続いています。

 

皆様、体調には十分に留意してお過ごしくださいますように。

 

 

 

 

 

しっかり、ゆったり、心豊かに!

ブログをご覧いただきありがとうございます。

こちらは数年振りの大雪に見舞われ、

毎日除雪作業に追われています。☃️☃️☃️

 

さて、当教室では、

"しっかり、ゆったり、心豊かに、

生涯ピアノを楽しむ"

をコンセプトとして、"弾きたい曲"が、"弾ける曲"になるように、そして皆様に心から音楽を楽しんでいただるようにレッスンさせていただいております。

 

昨年は、多くの方に体験レッスンにお越しいただき、素敵な出会いに恵まれました。

感謝の気持ちで一杯です。

コロナに始まった年でしたが、少しでも多くの方にピアノを楽しんでいただけたらという思いでレッスンを続けてきましたが、レッスン枠の余裕が少なくなってきました。

そこで、調整のため、新規の生徒さん、及び体験レッスンを一時的にお休みさせていただきます。

また、レッスン枠の調整ができましたら、お知らせいたします。

 

一回一回のレッスンが、より有意義な時間となるように、私も研鑽を積んでいきたいと思っています。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年のレッスンを始めるにあたって

ブログをご覧いただきありがとうございます。

新年を迎えてもコロナウイルスの感染が猛威を振るい、2度目の緊急事態宣言の発令という予断を許さない状況となりました。

 

明日からレッスンを開始させていただく予定ですが、より一層感染予防策を強化していきたいと思っています。

レッスン室にオゾン発生器を設置し、鍵盤の消毒、こまめな換気を心がけていきます。

レッスンにお越しの際は、入室される方全員の事前の健康観察、検温、マスクのご着用及び、手指の消毒をお願いいたします。

お手数をおかけしますが、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

一日も早くコロナが収束することを願うばかりです。

 

また、大雪の方も懸念されます。

レッスンにお越しの際は十分にお気をつけください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明けましておめでとうございます🎍

明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします!

 

コロナ対策と数年振りの大雪のため静かな年末年始となりました。

年末の紅白も感慨深く、しんしんと降り積もる雪によって一層静けさを増すなかでの年越しでした。

静かな年明けはピアノとともに過ごしています。

今年もさまざまな曲を皆様とともに勉強していきたいと思っています。

音楽の魅力は奥深く、演奏に完成形はありません。

また、音楽はそのジャンルを問わず、私たちにとってそれぞれの形でかけがえのない大切なものです。

自ら音楽を演奏するということは人間にとって実はごく自然かつ基本的な行動だと思います。

ピアノの演奏に関しても、身体的にも精神的にもごく自然に演奏することをめざしていますが、そのためには、基本的なテクニックが必要となります。

基本的なテクニックの習得にはある程度の期間が必要となりますが、必ず手に入れることができるものです。

音楽(ピアノ)の楽しみは尽きることがありません。

 

今年もコロナ予防策を一層強化しながら、

一日一日、1レッスンを大切にしていきたいと思います。

 

来週からのレッスン再開を楽しみにしています🎵

 

今年も音楽とともに明るく良い年になりますように!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もありがとうございました!

2020年も残すところ2日となりました。

今年もブログをご覧いただきましてありがとうございました。

なかなか更新できなかったり、拙い内容でありましたが、温かく見守っていただき感謝の気持ちで一杯です。

 

今年はコロナ禍にあり、心配や不安とともにあっという間に月日が過ぎていきました。

そんな中で、初めてのオンラインレッスンレッスンに挑戦したことや、コロナ禍の緊張感のなかでの発表会は特別な思い出となりました。

試行錯誤の連続でしたが、皆様の多大なるご理解とご協力があったからこそ実現できたことです。

本当にありがとうございました!

 

マスク着用とソーシャルディスタンスが当たり前になった現況ですが、音楽を通しての心のつながりは可能であり自由です。

音楽(ピアノ)は人間のあらゆる心の動きや、様々な状況、風景や情景などを表現できるものであり、時代をも越えて何人とも共有できるものです。

今年は特に、皆様と音楽を共有できることの素晴らしさに気づかされました。

レッスンや発表会、その貴重な時間を更に大切にしていきたいと思っています。

 

来年は良い年になるといいですね!