清水ピアノ教室のブログ

新潟県長岡市のピアノ教室のブログです。~音楽、ピアノレッスンについて、日々の暮らしのなかで感じたことなど~

楽譜の選択

ブログにご訪問いただきましてありがとうございます。

2度目となったコロナ禍の大型連休ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

こちらは昨日までお天気に恵まれず、計画通り専らStay Homeとなりましたが、今日は気持ちの良い晴天となったので、庭の手入れを少しばかりしました。🌹

気持ちよかったです!

 

さて、ピアノのほうですが、この連休中は主にバッハの平均律を改めて見直しました。

平均律に入る生徒さんのため、ヘンレ版を発注したところ、以前に廃版となっていたバルトークによるBudapest版の2巻の新刊を発見し、感動のあまり入手に至りました。

製本もしっかりしており、頼りになりそうです。

f:id:doremiy:20210504163208j:image

この平均律は難易度順に並べてあり、演奏の指示も細かくのっているので参考になります。

旧版の1巻は手元にあり、2巻は一曲ずつ注文し製本してもらったものがあったので少し迷いました。

しかし、新版は1巻が2019年、2巻は2021年に出版されたものということでしたので、思いきって両方注文しました。

届いてみると、直筆譜も多数あり、パルトークの解釈も日本語訳でついていて嬉しくなりました😊

バッハの直筆譜はとても美しいです🎵

旧版にはありませんでした。


f:id:doremiy:20210504180515j:image

平均律については、ヘンレ版が見やすく好んで使っていますが、学生時代に勉強したテオポルトの運指と、2007年に校訂されたシフの運指はかなり違いがあります。

シフのバッハ演奏には定評があり、現在も現役で演奏活動を続けているピアニストですので、興味深いです。

同じ曲でも様々な楽譜を比べて見ると面白いです!

 

生徒さんのための楽譜選びは、常に慎重になりますが、特にバッハについては特に気になります。

 

生徒さんにとって最も使い易いものを選択したいと思っています。